神楽坂・飯田橋の『姿』で日本料理と焼酎を楽しむ

Counter Love!!!

今回は神楽坂・飯田橋の『姿』の紹介です。まず、基本情報をまとめておきます。

『姿』の基本情報を紹介

神楽坂・飯田橋『姿』

  • ジャンル:和食
  • おすすめ酒:日本酒・焼酎・ワイン・ビールなど
  • アクセス:東京都新宿区神楽坂3丁目10(最寄りは飯田橋駅・神楽坂駅
  • TEL:03-3268-5587
  • 一回利用時の予算:10,000円~15,000円
  • おすすめ利用シーン:一人飲み・友人との会食など
  • 定休日:日曜日・月曜日
  • 予約はこちらからどうぞ↓

神楽坂エリアにある日本食の名店『姿』。創業から半世紀以上に渡り多くのグルメ好きを満足させてきました。神楽坂は東京(江戸)を代表する花街だった時代から、数多くの飲食店が経ち並び、非常に入れ替わりの激しいエリア。そんな街で老舗の一つとして支持され続けているお店であり、神楽坂然とした余裕と落ち着きがあります。

ロケーションは大学生たちも行きかうメイン通りから一本入った小路で、周囲の街並みに溶け込むように凛としています。

店内はベターなウッド調で、日本料理屋っぽい落ち着いた雰囲気が漂っています。席構成は調理場を囲むように緩くカーブを描く美しいローカウンターと、グループ用のテーブル席が2階含めいくつかあるといった構成。恐らくですが2階は接待やビジネス利用がメインっぽいです。

神楽坂・飯田橋『姿』にて絶品の日本料理と焼酎を堪能

店内に一歩入ると「いらっしゃいませ、○○様ですね」と女将から明るいながらも落ち着いた声をかけられます。カウンター席につき一呼吸、大将からも「いらっしゃいませ」と柔らかに挨拶がありました。ふたりは夫婦ので、そのほかに彼らを支えるサービス係りの女性2人がいて、恐らくお店は普段から合計3~4人で回していると想定。神楽坂の老舗というと身構えてしまう印象があるものの、4人の雰囲気は温かく緊張感なく過ごせるように接してくれます。

さて、最初の一杯に「サッポロ琥珀えびす」にして、グビグビっと身体の中にある疲労感を発散します。ほどなくしてコース一品目の先付けがサーブ。たこ・アワビなどが入った小鉢は清涼感あるテイストで、梅雨~夏の時期に最適なひと品です。

つづいて「鱧とアスパラのお吸い物」です。やさしい味と風味、鱧の心地良い食感がたまりません。

つづく「八寸」は大将曰く「和のコースをギュッとしたもの」であり、これだけも十分に楽しめるやつ。このタイミングで焼酎に切り替えて、チビチビといただきます。辛さや塩味のあるものから、甘みの強いものへ順番に食べ進めていく・・・なるほど、まさにコースを堪能する一つですな。

こちらは「巨峰とそら豆の白和え」で、フルーツは季節によって変えていくそうな。季節を感じられるひと品でした。

この次に出てきたのはお造り。イシイサキ・本マグロ・鱧の湯引きなどがキレイに並べられており、先ほどの「八寸」と同じく目でも楽しめました。

この後もコースは続きます。「丸ナスの白みそ仕立て」「鯖のおし鮨」などどれも美味しいものばかり。画像右上の鮎は、鮎・うるか好きの筆者に大将がサービスでくれたもので、なんだか心まで満たされました。

コース終盤の甘味も楽しみます。青梅の水煮と杏仁豆腐、どちらも絶品でした。特に水煮はこれまで食べなれなかったのでフレッシュにいただけました。

さて、ここまでの写真の片隅にチラ見えしていましたが、『姿』の小皿・箸置きなどには日本のアニメ・漫画のキャラクターがデザインされたものがあります。左上から順に・・・

  • 『キン肉マン』:かつてのジャンプの看板作品で、このキャラは悪魔超人・バッファローマン
  • 『キャプテン翼』:ジャンプを代表する世界的人気を誇るスポーツ漫画
  • 『ドラえもん』:藤子・F・不二雄による言わずと知れた国民的漫画
  • 『笑ゥせぇるすまん』:レジェンド・藤子不二雄Aによるブラックユーモアあふれる人気漫画

以上は一例ですが、大将と女将が探してゲットしてきたものらしく、老舗のちょっとした遊び心を感じられます。なかでも『キャプテン翼』は外国人観光客にイチウケらしいです(笑)

そんな茶目っ気のある大将はお店の3代目だそうで、先代の急逝にともない継いだそうな。『姿』に入って20年経っていたことや、この神楽坂の老舗を守っていきたいという思いから3代目として調理場に立っています。神楽坂という土地柄、政治家・文化人が足繫く通っていた『姿』は、3代目によってこれからもその偉大な歴史を紡いでいくのでしょう。

神楽坂・飯田橋『姿』で飲んだ!今宵の焼酎紹介「姶良(あいら)」/「白波原酒」

今回は焼酎を2杯いただきました!

(1)姶良

こちらの焼酎は鹿児島で造られた一本。芋焼酎ですが比較的にサッパリとした味、しつこすぎない風味です。芋焼酎入門としてもおすすめできます。

【タリトネのグルメ数珠つなぎ】おすすめレストラン・バーをちょこっと紹介

ここで『姿』に関連するお店をちょこっと紹介します。

神楽坂『恵さき』

神楽坂にある落ち着く小料理屋。おでん・焼き鳥、そして日本酒が看板メニューで遠方からも常連がくる人気店です。落ち着いて神楽坂の夜を過ごしたい時におすすめ。

関連記事

Counter Love!!! 今回は神楽坂・飯田橋の割烹料理屋『恵さき』の紹介です。まず、基本情報をまとめておきます。 『恵さき』の基本情報を紹介 神楽坂『恵さき』 ジャンル:割烹料理屋・小料理屋 おすす[…]

神楽坂『Bar Fingal』

神楽坂にある老舗バーで、ハードリカーの品ぞろえは特にピカイチ。こちらのマスターが筆者へ初めに『姿』を紹介してくれました。感謝です。

20代からのオーセンティックバー

今回は『Bar Fingal』を紹介します。 目次 1 神楽坂のウィスキーバー『Bar Fingal』とは?2 神楽坂で…

神楽坂『歯車』

神楽坂を代表するオーセンティックバー。同エリアはこの15年くらいで都内を代表するバー激戦エリアになったが、その口火を切ったのがこの『歯車』です。『姿』の大将とも交流があるみたい。

20代からのオーセンティックバー

今回は『歯車』の紹介です。 目次 1 神楽坂の人気バー『歯車』とは?2 名店で経験を積んだバーテンダーによるリラックス空…

神楽坂・飯田橋『姿』で日本料理と焼酎を味わおう

以上、神楽坂・飯田橋の『姿』の紹介でした。本当の意味でワンランク上の神楽坂の夜を楽しみたい時は、この『姿』がおすすめです。常連はベテラン層が多いようですが、20~30代の男女でデートするのにも良いかと思います。

予約はこちらからどうぞ!